連携搬送

民間救急車両での長時間の移動が困難な方に対し、航空各会社やJR各会社と連携し、飛行機やヘリコプター・新幹線・フェリー等を利用した移動手段も提供できます。

搭乗券・切符の手配、搬送先の民間救急事業者の手配は無料で致しております。

連携搬送の流れ

出発地まで民間救急車でお迎えに上がり、出発地付近の駅または空港まで搬送。

新幹線では多目的室まで、飛行機ではストレッチャー移動の場合は座席まで、フェリーではお部屋まで、お送りいたします。

家族の介助だけでは不安な方

新幹線の車中や飛行機の機内で、家族だけでの介助や医療処置が心配な方は、当社の看護師・救急救命士・介護士を全行程に付き添いすることもできます。

看護師

主な役割

・酸素の投与

・痰の吸引

・点滴の管理

・心電図モニターの管理や観察

・経管栄養及び経管与薬


救急救命士

主な役割

・体温、脈拍、呼吸数、意識状態の観察

・体位の維持、安静の維持、保温

・酸素の管理

・バッグマスクによる人工呼吸

・聴診器による心音、呼吸音の聴取

・血圧計の使用による血圧の測定

・心電図モニターの観察


介護士(ヘルパー)

主な役割

・体位の維持や変換

・排泄の処理

・状態の観察


航空機内(シップサイド)

ストレッチャーは、担架のようなベッドで、座席の背もたれの上の高い位置に取り付けます。航空機により取り付け位置が決められておりエコノミークラス客室、進行方向左側の座席列窓側に取り付けられます。頭部を進行方向に向けて常時お体をベルトで固定していただきます。通常ストレッチャー1台は座席約6席分の大きさになります。 車いすの方は、一般の方から一緒の搭乗口から出入りし座席に座って頂くことになります。

車いすの方は、一般の方から一緒の搭乗口から出入りし座席に座って頂くことになります。

参考ホームページ

手配に関しては、西日本民間救急コールセンターが無料で承ります。


新幹線内(多目的室)

多目的室内には簡易ソファが設置してあり、ベッドの形状にもなり、寝ることも可能です。

※列車の車両により形状や広さが違います

参考ホームページ

JR:西日本

JR:東日本


手配に関しては、西日本民間救急コールセンターが無料で承ります。


ヘリコプター

手配に関しては、西日本民間救急コールセンターが無料で承ります。